僕が教え子のら読んで衝撃を受けたコミックって一体何

こちらが生徒のら読んで衝撃を受けた漫画。
それは、ずばり、浅野いにお作品の『おやすみプンプン』だ。
その読破気分たるや、ずーんと重く、胸に2、3お日様は残りそうな実態だ。
ユニークたちがとにかく魅力的で、素晴らしく人間タームっぽいハートを表に押し出しています。
オリジナリティーもさまざまで、読めば、だれか1人間は果てしなく共感できるユニークがおるんじゃないでしょうか。
こちらは、とにかくプンプンの叔父さんが好物で、あのの場合途半端な強さや、御法度ダディくらいに
母性がキュンキュンと刺激されてしまう(笑)
後、乙女もウンと魅力的です。
愛子ちゃんとさっちゃんは、双方まったく正別のユニークですが、とも女性特有のネームバリューを持っていて、魅了される場合まちがいありません。
このように、ユニークのネームバリューももちろんですが、もう1つの魅力は、緻密な状況とデフォルメ化されたユニークの兼職。
不思議とマッチしていて、独特な雰囲気を醸し出しています。
カメラで撮影したフィルムに、さらにアナログ処分を付け加えている状況。
そして奇妙な鳥のような姿をしたプンプンたち。
おかしなはずなのに、妙になじんでいるのが、さすが浅野いにおさん!とうところだ。
ぜひ、ご一読を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です